手術 整形外科学 理学療法評価学 解剖学 運動学 (整形外科)骨・筋系 (解剖学)筋系 (解剖学)骨系 (運動学)筋系 (運動学)骨系

68歳の女性。変形性股関節症。発症して10年が経過し、右人工股関節置換術を施行することになった。【第53回理学療法士国家試験AM1】

2022/9/13

第53回理学療法士国家試験AM1 問題 68歳の女性。変形性股関節症。発症して10年が経過し、右人工股関節置換術を施行することになった。術前評価として歩行分析を行ったところ、右立脚期にDuchenne ...

整形外科学 整形外科的テスト 理学療法士向け 理学療法評価学 解剖学 運動学 骨・関節疾患 (整形外科)骨・筋系

【図付き】肩の整形外科的テスト(8種)/腱板損傷・腱板断裂・肩インピンジメント症候群

2022/9/16

腱板断裂・損傷の整形外科的テスト 腱板断裂や腱板損傷の整形外科的テストには、フルカンテスト・エンプティカンテスト・リフトオフテスト・ベリープレステスト・ベアハグテストなどがある。棘上筋・肩甲下筋・小円 ...

内科学 問題演習 小児科学 手術 整形外科学 理学療法評価学 生理学 神経内科学 義肢装具学 解剖学 運動学

【問題演習】57回PT国家試験(AM21-100)問題と回答

2023/1/15

【問題演習用】第57回PT国家試験(AM21-100)の問題と正答です。 解説は掲載しておりませんので、各種専門書をご確認ください。   問題21-30 21 患者への治療に対するインフォー ...

整形外科学 理学療法評価学 解剖学 運動学 骨・関節疾患 (解剖学)骨系 (運動学)骨系

【肩甲帯の運動学】肩甲骨の下方回旋に作用する筋はどれか【第53回理学療法士国家試験AM71】

2022/9/13

第53回理学療法士国家試験AM71 問題 肩甲骨の下方回旋に作用する筋はどれか。 1.前鋸筋 2.小胸筋 3.小円筋 4.棘上筋 5.鎖骨下筋 解答:2 解説 1.前鋸筋は肩甲骨の上方回旋に作用する ...

整形外科学 理学療法士向け 解剖学 (整形外科)骨・筋系 (解剖学)筋系

回旋筋腱板(Rotator Cuff:RC)の解剖・起始停止・運動について

2022/6/4

回旋筋腱板(Rotator Cuff:RC [ローテーター・カフ])とは 回旋筋腱板(Rotator Cuff : RC)とは棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋からなる、板状の腱板のことである。4つの筋 ...

もっと見る

反射 整形外科学 理学療法評価学 神経系 解剖学 骨・関節疾患

腰椎椎間板ヘルニアについて正しいのはどれか。【第46回理学療法士国家試験PM86】

2022/9/13

第46回理学療法士国家試験PM86 問題 腰椎椎間板ヘルニアについて正しいのはどれか。 1.椎間板の前方突出が多い。 2.第3・4腰椎間で最も多く発生する。 3.第3・4腰椎間で生じると膝蓋腱反射が亢 ...

整形外科学 理学療法士向け 理学療法評価学 解剖学 触診 運動学 (全般)骨・筋系 (整形外科)骨・筋系 (解剖学)骨系 (運動学)骨系

【触診解説】肩甲骨の解剖学と触診①(肩甲棘・肩峰角・肩峰)

2022/5/9

触診技術シリーズ概要 日々の治療において必須の能力となるのが触診である。学生の間は論理的思考能力を向上させることが優先課題となるため、触診技術に関してはそこまで重要視されていないケースも散見される。こ ...

小児科学 整形外科学 理学療法評価学 生理学 解剖学 骨・関節疾患 (解剖学)骨系

股関節の図を示す。臼蓋角はどれか。【第53回理学療法士国家試験AM19】

2022/9/13

第53回理学療法士国家試験AM19 問題 生後4ヶ月の乳児。検診で股関節の異常を指摘された。来院時に右股関節の開排制限を認めたため、股関節のエックス線単純検査を行った。 股関節の図を示す。臼蓋角はどれ ...

内科学 消化器系 生理学 神経内科学 解剖学 運動学

嚥下で誤っているのはどれか。【第47回理学療法士国家試験PM67】

2022/9/13

第47回理学療法士国家試験PM67 問題 嚥下で誤っているのはどれか。 1. 食塊が舌によって咽頭に送られる過程を口腔期という。 2. 食塊が咽頭粘膜に触れると、嚥下反射が誘発される。 3. 嚥下反射 ...

整形外科学 理学療法評価学 解剖学 運動学 骨・関節疾患 (解剖学)骨系 (運動学)骨系

【肩甲帯の運動学】肩甲骨の下方回旋に作用する筋はどれか【第53回理学療法士国家試験AM71】

2022/9/13

第53回理学療法士国家試験AM71 問題 肩甲骨の下方回旋に作用する筋はどれか。 1.前鋸筋 2.小胸筋 3.小円筋 4.棘上筋 5.鎖骨下筋 解答:2 解説 1.前鋸筋は肩甲骨の上方回旋に作用する ...

もっと見る

内科学 消化器系 生理学 神経内科学 解剖学 運動学

嚥下で誤っているのはどれか。【第47回理学療法士国家試験PM67】

2022/9/13

第47回理学療法士国家試験PM67 問題 嚥下で誤っているのはどれか。 1. 食塊が舌によって咽頭に送られる過程を口腔期という。 2. 食塊が咽頭粘膜に触れると、嚥下反射が誘発される。 3. 嚥下反射 ...

反射 生理学 神経内科学 神経系 解剖学 運動学 (生理学)神経系

伸張反射について正しいのはどれか。【第53回理学療法士国家試験PM62】

2022/9/13

第53回理学療法士国家試験PM62 問題 伸張反射について正しいのはどれか。 1. 侵害受容反射である。 2. 単シナプス反射である。 3. 求心性線維はⅠb群線維である。 4. 遠心性線維はγ運動線 ...

整形外科学 理学療法士向け 理学療法評価学 解剖学 触診 運動学 (全般)骨・筋系 (整形外科)骨・筋系 (解剖学)骨系 (運動学)骨系

【触診解説】肩甲骨の解剖学と触診①(肩甲棘・肩峰角・肩峰)

2022/5/9

触診技術シリーズ概要 日々の治療において必須の能力となるのが触診である。学生の間は論理的思考能力を向上させることが優先課題となるため、触診技術に関してはそこまで重要視されていないケースも散見される。こ ...

リハ概論 小児科学 神経内科学 義肢装具学 脳性麻痺 運動学

脳性麻痺・GMFCSによるレベルはどれか。【第47回理学療法士国家試験PM17】

2022/9/13

第47回理学療法士国家試験PM17 問題 4歳10 か月の男児。脳性麻痺。現在、割り座であれば床上で座位保持が可能であり、椅子上での座位は自立している。立位は、物につかまれば保持できる。歩行には車輪付 ...

整形外科学 理学療法評価学 解剖学 運動学 骨・関節疾患 (整形外科)骨・筋系 (解剖学)筋系 (解剖学)骨系 (運動学)筋系 (運動学)骨系

膝関節で正しいのはどれか.【第45回理学療法士国家試験AM72】

2022/9/13

第45回理学療法士国家試験AM72 問題 膝関節で正しいのはどれか. 1. 外側側副靱帯は屈曲位で緊張する。 2. 最終伸展時に脛骨の外旋が起こる。 3. 外側半月は外側側副靱帯と結合する。 4. 大 ...

もっと見る

反射 整形外科学 理学療法評価学 神経系 解剖学 骨・関節疾患

腰椎椎間板ヘルニアについて正しいのはどれか。【第46回理学療法士国家試験PM86】

2022/9/13

第46回理学療法士国家試験PM86 問題 腰椎椎間板ヘルニアについて正しいのはどれか。 1.椎間板の前方突出が多い。 2.第3・4腰椎間で最も多く発生する。 3.第3・4腰椎間で生じると膝蓋腱反射が亢 ...

理学療法評価学 生理学 解剖学 触診 運動学 (運動学)筋系 (運動学)骨系

成人の安静開脚立位で安定しているのはどれか。【第52回理学療法士国家試験午前69】

2022/9/13

第52回理学療法士国家試験AM69 問題 成人の安静開脚立位で安定しているのはどれか。 1.支持基底面が狭い。 2.重心の位置が高い。 3. 床と足底の接触面の摩擦抵抗が小さい。 4. 上半身と下半身 ...

反射 生理学 神経内科学 神経系 解剖学 運動学 (生理学)神経系

伸張反射について正しいのはどれか。【第53回理学療法士国家試験PM62】

2022/9/13

第53回理学療法士国家試験PM62 問題 伸張反射について正しいのはどれか。 1. 侵害受容反射である。 2. 単シナプス反射である。 3. 求心性線維はⅠb群線維である。 4. 遠心性線維はγ運動線 ...

内科学 循環器系 生理学 解剖学

正面から見た大動脈の模式図を示す。 番号と血管名の組合せで正しいのはどれか。 2 つ選べ。【第49回理学療法士国家試験AM58】

2022/9/13

第49回理学療法士国家試験AM58 問題 正面から見た大動脈の模式図を示す。 番号と血管名の組合せで正しいのはどれか。 2 つ選べ。 1. 右総頸動脈 2. 右鎖骨下動脈 3. 下行大動脈 4. 胸大 ...

内科学 整形外科学 理学療法評価学 生理学 解剖学

関節リウマチについて正しいのはどれか【第53回理学療法士国家試験AM87】

2023/8/4

第53回理学療法士国家試験AM87 問題 関節リウマチについて正しいのはどれか。 1.股関節などの大関節に初発する。 2.間質性肺炎を合併することが多い。 3.罹患関節の症状は非対称性に現れる。 4. ...

もっと見る